スタッフブログ - 東大阪市「TN整体院」

Tel:072-968-7559

HOME > スタッフブログ

※得られる結果には個人差があります

椎間板ヘルニアについて:まとめ 大阪府東大阪市TN整体院

[記事URL]

椎間板ヘルニアについてまとめてみました。

椎間板ヘルニアについて1:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアについて2:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアについて3:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアについて4:手術方法

椎間板ヘルニアについて5:似た症状の疾患

椎間板ヘルニアについて6:接骨院(整骨院)


椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/



※得られる結果には個人差があります

椎間板ヘルニアについて5:似た症状の疾患

[記事URL]

椎間板ヘルニアとよく似た症状を引き起こす疾患が、他にも多数あります。

今回はそれをまとめてみますが、その前に椎間板ヘルニアの症状の特徴をまとめておきましょう。

椎間板ヘルニアの症状

腰ー臀部ー太ももーフクラハギー足部までの痛みと痺れ。この一部分に現れる事も多い。

立っている方がましで、座ると痛みが悪化する。
歩いていると比較的マシ。
腰を曲げると痛みが悪化する
反らすのは痛くない。

※個人差があります。


腰痛や、脚の痛みや痺れが椎間板ヘルニアの特徴です。これを坐骨神経痛と呼びます。そして、坐骨神経痛を引き起こす疾患は、椎間板ヘルニアの他にも下記のようなものがあります。

1:脊柱管狭窄症

 脊柱管狭窄症でも、腰から脚まで痛みや痺れが現れます。その特徴は、歩くと痛みや痺れが悪化する事で、腰を曲げて休むとすぐに痛みが軽快します。悪化すると立っているだけで痛みや痺れがでるようになります。
 座っているとあまり痛みや痺れはでませんが、この疾患が進行するとつねに足に痺れを感じるようにもなります。
 されに症状が進むと、膀胱直腸障害も現れて排尿排便のコントロールも難しくなります。
 背骨(脊柱)の変形によるものなので、若年者には滅多にみられませんが、60代以降では割合が多くなります。

2:腰椎すべり症

 背骨の反りが強く、腰の上の骨が前方にすべってズレてしまったような状態です(前方すべり)。後方にすべってズレている人もいますが割合は少ないです(後方すべり)。
 腰椎の上の骨と下の骨がずれてしまった事により、脊柱管が狭くなってしまい、坐骨神経痛が起こります。その為、脊柱管狭窄症と同じような症状が出る事が多いのが特徴ですが、程度には個人差があります。
 脊柱管狭窄症とくらべるとやや若い人でもみられますが、加齢によって脊柱の変形も加わると、「脊柱管狭窄症」の診断名に変わる事も珍しくありません。
 
3:梨状筋症候群

 お尻の筋肉である梨状筋という筋肉が硬くなり、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こします。背骨の所ではなく、お尻の奥で神経に触れているというのが大きな特徴です。
 筋肉なので、レントゲンやMRIには写りません。レントゲンやMRIを撮っても問題がみられないと、医師から「坐骨神経痛ですね」なんて言われがちですが、この梨状筋症候群がその原因の少なからぬ割合を占めていると考えられます。

 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に併発しやすいのもその特徴です。

 また、MRIをとって椎間板ヘルニアがみつかったので手術をしたのに治らなかったという人の場合、痛みの本当の原因はこの梨状筋症候群である可能性があります。MRIを撮れば、成人の7割の椎間板にヘルニアはみられるといわれており、椎間板ヘルニア自体が痛みや痺れの原因であると安直に考えるべきではありません。


病院で症状の改善が見られない場合、多くの人がその次に接骨院(整骨院)に行く事が多いようです。では、椎間板ヘルニアというのは整骨院(接骨院)で治るものなのでしょうか?

次回は整骨院(接骨院)で椎間板ヘルニアが治るものなのかどうかという点について書いてみたいと思います。

次を見る
椎間板ヘルニアについて6:接骨院(整骨院)

前のを見る
椎間板ヘルニアについて4:手術方法

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/



※得られる結果には個人差があります

椎間板ヘルニアについて4:ヘルニアの手術

[記事URL]

椎間板ヘルニアは本来、ヘルニア状態になった椎間板の髄核が血液中のマクロファージに貪食される事で自然と治癒します。簡単に言うと、ヘルニアになった部分が血液にとけていって、自然とヘルニアは治っていくということです。


ただし、痛みが非常に強かったり、長期間たっても自然に治らなかったりすると、病院で椎間板ヘルニアの手術を勧められる事もあります。

椎間板ヘルニアの手術方法で代表的なものは以下の通りです。料金その他はあくまでも参考例です。

1:経皮的レーザー手術

レーザーでヘルニアのある椎間板の髄核を蒸散させます。日帰りで手術可能。
費用は1か所約45万円 保険適応外

2:内視鏡下椎間板摘出術

内視鏡を入れて皮膚や筋肉を切開してヘルニアを起こしている椎間板の髄核を除去します。術創は15ミリ程度。入院期間約1週間くらい。

健康保険適応。自己負担額は約25万円+入院費(1日約15000円)

3:顕微鏡下椎間板摘出術

顕微鏡で見ながら皮膚や筋肉を切開してヘルニアを起こしている椎間板の髄核を除去します。術創は3~5センチ程度。入院期間は2~3週間くらい。

健康保険適応で、自己負担額は20~25万円程度+入院費(1日約15000円)


厳密にはもう少し種類がありますが、上記が代表的な椎間板ヘルニアの手術方法です。

一口に椎間板ヘルニアの手術といっても色々あります。

レーザー手術は入院不要ですが、負担額が大きい事と、成功確率は他の手術法より少し低くなります。

皮膚や筋肉を切開して直接ヘルニアを起こしている椎間板の髄核を除去すれば、椎間板ヘルニアの手術として確実ではある反面、特に筋肉を切ってしまうわけで、損傷した筋肉に硬さが出て、違うタイプの腰痛を引き起こす要因にもなりかねませんし、切った部分の筋肉の硬さが、次の新たな椎間板を引き起こす原因になる可能性も考えられます。

あと、入院期間は比較的長くなります。


ただ、どの手術法をとっても「椎間板ヘルニアの手術をしたのに良くならなかった!」と言われる方は少なからぬ割合で存在します。

そもそも、それらの人たちの痛みや痺れの原因は、本当に椎間板ヘルニアによるものだったのでしょうか?

椎間板ヘルニアに似た症状をきたす病態は他にも何種類かあります。

恐ろしいことですが、MRIの画像診断のみを根拠に手術が行われる事が多いので、必要のない椎間板ヘルニアの手術が行われる事もめずらしくないのです。

次回は、椎間板ヘルニアとよく似た症状を引き起こす病態を紹介したいと思います。

次を見る
椎間板ヘルニアについて5:似た症状の疾患

前のを見る
椎間板ヘルニアについて3:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/




※得られる結果には個人差があります

椎間板ヘルニアについて:3 ヘルニアと病院(整形外科)

[記事URL]

 今回は椎間板ヘルニアで病院へ行った時に行われる治療について考察したいと思います。

1:痛みどめの薬

 椎間板ヘルニアで腰痛や痺れを訴えると、痛み止めの薬を処方される事が最も一般的なヘルニアへの処置となります。痛み止めの薬が出されないという事はまずありません。
 この薬は、あくまでも痛みを止めるものであって、基本的にこれを飲めば椎間板ヘルニアの治りが良くなるとか早くなるというものではありません。だから、飲んでもヘルニアの痛みがマシにもならないのに、飲み続ければ良くなるというものではありません。
 ただし、飲まない方が良いというものでもありません。例えば、痛くて夜眠れないとか、日中も常に痛みで精神的に辛いというようであれば、痛みどめの薬を飲む方が良いでしょう。
 自律神経との兼ね合いで、痛みで寝られなかったり精神的な負荷が強かったりすると、筋肉が硬くなってしまい、椎間板ヘルニアが治るのを阻害してしまいかねないからです。

 ただし、あくまでも一時的な服用に止めるべきなのは言うまでもありません。一番恐ろしいのは、痛みどめの薬で誤魔化しているうちに、椎間板ヘルニア自体が悪化していく事です

2:湿布

 病院で処方される医療用の湿布の場合、鎮痛剤が染み込んでいて、皮膚から痛みどめの薬が吸収されて痛みどめの薬と同じ効果が期待できます。飲み薬と比較して効果が弱い反面、胃腸や肝臓への負担は少ないため、そういう意味では飲み薬より安全性は高いと言えます。
 ただ、湿布というものの性質上、かぶれる事も多いというデメリットもあります。

 言うまでもなく、椎間板ヘルニアを治す作用があるわけではなく一時的に痛みを軽減させるためのものなので、効果を感じないのに貼り続けても意味はありません。


3:腰椎牽引

 椎間板ヘルニアの物理療法として比較的多く行われます。腰を上下に引っ張るわけですが、10分程度の時間、引っ張ったり戻したりする程度であり、椎間板ヘルニアを整復するような作用があるわけではありません。
 近年、この腰椎牽引は「効果がない」という研究結果が相次いで出されているのですが、とりあえず腰痛や椎間板ヘルニアの患者さんが来た時にはルーチンで腰椎牽引の指示が出されがちです。

4:ブロック注射

 椎間板ヘルニアで腰痛や脚の痛みや痺れが強いと、ブロック注射を打つ事が多くあります。ブロック注射というのは局所麻酔の事です。麻酔なので椎間板ヘルニアを治す効果はありませんが、痛みに関しては最も強力な鎮痛作用を持ちます。
 この注射で椎間板ヘルニアを治す作用はありませんが、自然に症状が軽減するまでの間の痛みを耐えるためになら有効です。反面、自然に椎間板ヘルニアが治らないような状態であるのに、ブロック注射で痛み誤魔化しているうちに椎間板ヘルニア自体が悪化する可能性もあるため注意が必要です。


痛みどめで誤魔化しながら自然と治るのを待つのではなく、病院で椎間板ヘルニアを積極的に治す方法は手術しかありません。

椎間板ヘルニアの手術方法は複数の種類があり、種類によって費用や身体への負担、あと入院期間なども異なります。

次回は椎間板ヘルニアの手術方法の違いについてご紹介して参ります。

次を見る
椎間板ヘルニアについて4:手術方法

前をみる
椎間板ヘルニアについて2:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/



※得られる結果には個人差があります

椎間板ヘルニアについて:2 ヘルニアと病院(整形外科)

[記事URL]

 椎間板ヘルニアで病院に行くと、手術を勧められる事もあります。では、手術をすれば椎間板ヘルニアは治るものなのでしょうか?

 「椎間板ヘルニアで腰の手術をしたけど全然治らなかった」「椎間板ヘルニアの手術をしたら逆に悪くなった」などという話を、私は仕事柄よく聞きます。このページを読まれている人も、実際に手術をしたのに良くならなかったという声を聴いた事があるかもしれませんね。

 では、なぜ椎間板ヘルニアで腰の手術をしても痛みや痺れが取れない人がこれほど多いのでしょうか?

 これは根本的な問題なのですが、そもそも、その痛みや痺れは本当に椎間板ヘルニアが原因なのでしょうか?

 椎間板ヘルニアの様な、腰から脚にかけて痛みや痺れが出る病気は他にもいくつかあるのですが、中にはレントゲンやMRIには写らないものもあるのです。

 その中の一つが、梨状筋という筋肉がお尻の所で坐骨神経に触れて腰痛や痺れが出現する「梨状筋症候群」です。

 この梨状筋症候群は、椎間板ヘルニアに併発して起こりやすい病態です。椎間板ヘルニアの痛みが続く間に、その痛みを感じる部分の筋肉が硬くなってしまい、椎間板ヘルニアとは別の要因でさらにその場所の痛みを強く感じるようになってしまうのです。

 椎間板ヘルニアの症状自体は、基本的に自然に軽快するものなのですが、梨状筋症候群は筋肉の硬さが痛みの原因なので、放置しても自然には治りません。

 MRIで椎間板にヘルニアがみられても、本当の痛みや痺れの原因がこの「梨状筋症候群」の方であれば、もちろん手術をしても何も変わりません。

 実は、成人の7割は腰痛の有無にかかわらず、MRIを撮れば椎間板ヘルニアが確認されたという研究があります。つまり、椎間板ヘルニアがMRIで確認されても大半の人は痛みも痺れも感じていないのです。

 なのに、痛みがあるからMRIを撮ってみて、ヘルニアがあるから手術をして、という事を行っても治らないのは当たり前です。

 恐ろしい事なのですが、この様な安易な診断によって手術が行われる事はさほど珍しい事ではないのです。その結果が「椎間板ヘルニアの手術をしたのに全然良くならない」という結果を生むのです。良くならないくらいなら良いほうで、当然身体の一部を切開するので、その周囲の筋肉が硬くなってしまい、症状をさらに悪化させる事すらあります。

 さらに、本当に椎間板ヘルニアが痛みの原因であって、手術をして良くなった人でも、椎間板ヘルニアを発症した原因である身体の問題を解決せず、ヘルニアだけを切り取っただけなので、再発率は高い数字となります。

 実際に、椎間板ヘルニアの手術を数年おきに繰り返す人も少なからず存在します。

 本来、椎間板ヘルニアは切り取らなくても治るものなので、身体の問題点を一つずつ解決して治していかなければならないのです。

次回は実際に椎間板ヘルニアの診断名がついた人が病院でどの様な治療を受けるのかという事と、その効果についてご紹介します。

次回をみる
椎間板ヘルニアについて3:病院(整形外科)

前回をみる
椎間板ヘルニアについて1:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/



※得られる結果には個人差があります

椎間板ヘルニアについて:1 ヘルニアと病院(整形外科)

[記事URL]

 腰の椎間板ヘルニアになった場合、最初に訪れるのは病院であると思われます。では、病院で椎間板ヘルニアは治るものでしょうか?

 基本的に、椎間板ヘルニアは一度ヘルニアになっても自然に4~8週間程度で治るものです。

 ギックリ腰と呼ばれるものの何割かは急性の椎間板ヘルニアなのですが、ほとんどの場合、痛み自体は2週間から4週間程度で軽快し、画像上の所見も4週から8週程度でヘルニアが見られなくなります。

 しかし、椎間板ヘルニアが治らないような負荷が腰にかかった状態だと、何日たってもヘルニアに由来する腰痛や足の痺れ・痛みが治らないという事になります

 ギックリ腰の様な急性の椎間板ヘルニアではなく、慢性的な腰への負担からヘルニア状態になっている人も多くいます。

 この様な人の症状の大半は慢性的な腰痛と脚の痺れや痛みです。長年の腰への負担が常態化してしまって、椎間板に常に負荷がかかった状態で過ごしているため、徐々に椎間板ヘルニアが発現し、治らないまま年月が経過してしまっているのっです。

 急性に発症した椎間板ヘルニアも、慢性的に発生してきた椎間板ヘルニアも、どちらも改善されないまま放置すると症状は悪化していきます。

 最終的には椎間板自体が薄くなってしまい、骨の隙間が狭くなってしまい、「痛くて歩けない」という状態になりがちです。

 では、本題なのですが、椎間板ヘルニアの中でも自然に治らないようなものは病院で治るようなものなのでしょうか?

 残念ながら、病院では根本的な治療は望めません。せいぜい、「痛みどめの薬」「湿布」「腰の牽引」「ブロック注射」といった対処療法が為されるだけです。

 もし、手術をしないのであれば、病院での治療は椎間板ヘルニアが自然に治るまでの間、痛みを軽減する為の治療なのです。決して治癒を促進するようなものではありません。

 もし自然に治らないような椎間板ヘルニアであれば、時間の経過とともにむしろ悪化してしまいます。

 では、手術を行えばどうでしょうか?

 次回は手術と椎間板ヘルニアについて考察していきたいと思います。

次回をみる
椎間板ヘルニアについて2:病院(整形外科)

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/




※得られる結果には個人差があります

腰痛の治療で有名な大阪の病院(by大阪府東大阪市:TN整体院)

[記事URL]

腰痛の治療で有名な大阪の病院で治療を行ったのに、全く良くならなかったという方が少なからず当院に来られています。なぜ病院で痛みが治らなかったのでしょうか?

簡単に言うと、病院で治療として行われるのは薬物療法と手術が主体です。手術をするのでなければ投薬が主体になります。

現在、飲み薬でも注射でも、腰痛の痛みを抑える薬はあっても腰痛の原因自体を治す薬は存在しません。痛み止めやブロック注射で痛みを抑えている間に、自然治癒する事を期待して、薬で痛みを止めるという治療はよく行われます。

決して、注射や薬自体で腰痛が治るわけではないのです。

薬剤で痛みを抑えている間に自然治癒すれば問題ないのですが、少なからず自然には治らない人も存在します。むしろ、薬で痛みを抑えている事でかえって腰痛の原因部位に負担をかけてしまい、状態が悪化するという人も少なくありません。

自然治癒されなければ手術という選択になるかもしれませんが、腰痛の手術をしても良くならない人が多いという事は周知の通りです。これは医師の技量や術式の問題ではないため、有名な病院で手術を行ったから結果が良いという事にはなりません。

一定の割合で、手術では良くならない腰痛は常に存在するのです。


腰痛の原因自体の改善に興味のある方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
http://www.tnseitai.com/
 



※得られる結果には個人差があります

腰痛の症状と原因[大阪府東大阪市:TN整体院]

[記事URL]

 一言で「腰痛」といっても症状は多岐にわたります。腰痛の症状を便宜的に分類してみましょう。

1:どこが痛むのか
 腰が痛いと言っても、痛みの出る場所は人によって異なります。また、右側や左側が痛いなど、左右不均等な痛みを訴えられる方も多くいます。

①腰の真ん中(背骨のあたり)の痛み
②背骨の左右にある筋肉の痛み
③腰とお尻の間辺りの痛み
④片側の腰から下肢までの痺れ・痛み・電撃痛

痛みの出る場所は腰痛の原因を探るうえで重要な指標になります。ただし、この様な症状が複合的に表れて原因をわかりにくくしているという事が多くあります。


2:いつ痛むのか

①起き上がる時に痛い
②座っていると痛い
③立っていると痛い
④歩くと痛い
⑤かがむと痛い
⑥寝返りが痛い

 どういう時に痛みが出るのかという事も、腰痛の原因を探るうえで重要な指標になります。

レントゲンやMRIでは痛みの原因となる場所が写らない事も多いため、痛みの出る場所やどういう時に痛みが出るのかを、聞き取りして推測を立てたうえで、理学的検査を行い、腰痛の原因部位を明らかにしたうえで、改善のためのアプローチを行う必要があります。


自分の腰痛の原因が気になる方は、こちらをご覧ください。
↓↓↓
http://www.tnseitai.com/
 



※得られる結果には個人差があります

腰痛について12:整形外科(病院)で治る? [大阪府東大阪市:TN整体院]

[記事URL]

 慢性的な腰痛や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などの腰の病態で、まず行くのは病院(整形外科)ではないでしょうか。当然ですが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症という病名もそこで付けられます。

 もちろん、病院(整形外科)でまず診てもらうべきです。

 手術を行うか行わないかの判断は非常に重要です。もし医師から即座に手術を勧められるような状態であれば、これは手術を行うべきです。

 ただし、手術を行わない場合の病院(整形外科)の対応は流れ作業的でもあります。

 痛みどめの薬と湿布を出されて、痛みが強ければ注射して、場合によってはついでに電気治療と腰の牽引といった所でしょう。

 そして大抵の人はそれで良くならないので、整骨院(接骨院)などに行き、場合によってはそこで悪化する事も多くあるようです。

 気を付けなければならないのは、整形外科の医師は大学病院で手術の仕方をしっかりと勉強してきた人なのであって、手術をしないという判断が為された場合は、あとは皆同じような対応となるのは仕方のない事なのです。

 手術をすれば良くなるとも限らないのが、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの難しい所ではあるのですが、とりあえず手術をしないとなった以上は、どうしても手術が必要な状態になるまで薬を出し続けるより他にどうしようもないのです。

 実は当院で行う施術のような事が、病院でも受けられない事もないのですが、医療保険がそれを許さないので現実的には不可能なのです。手術後150日間なら可能なのですが・・・

 病院では医療保険の効かない事はいくらお金を出しても行ってくれません。混合診療といって違法行為になってしまうからです。

 その様な現実に歯がゆさを感じて、私は病院をやめて独りで開業をしました。

医療保険を使わない自費施術に興味のある方は以下のリンク先を御一読ください
↓↓↓
http://www.tnseitai.com/
 

腰痛について:目次
http://www.tnseitai.com/page/blog/195.php




※得られる結果には個人差があります

腰痛について11:カイロプラクティックで治る? [大阪府東大阪市:TN整体院]

[記事URL]

 慢性の腰痛や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症に対してカイロプラクティックは有効なのでしょうか?

 カイロプラクティックとは、アメリカで考案された徒手療法で、アメリカでは国家資格をもった者がこれを行います。

 日本ではカイロプラクティックは国家資格ではないため、特に無資格でこれを行う事ができます。

 腰痛などの腰の病態にカイロプラクティックが有効であるかという問いに対して、腰痛診療ガイドラインの記載は以下のようなものです(腰痛診療ガイドライン2012 p61)

急性および慢性腰痛に対して他の保存的治療より効果があるとは言えない

つまり、薬物治療や他の一般的な治療法と比較して特に有効ではないという意味です。

 また腰痛診療ガイドラインには、カイロプラクティックに対して以下のような記述もあります。

椎体骨折や椎間板ヘルニアなどによる麻痺発症など重篤な合併症も報告されている(p62)

日本ではカイロプラクティックには国家資格がないため、腰痛診療ガイドラインで研究対象とされたのは海外での症例です。
 アメリカ等で国家資格を持った者による施術であっても上記のような研究結果が出ています。

 今回取り上げたのは、あくまでも腰痛に対してのものであって、カイロプラクティックが頸椎など他の部位の改善に有効かどうかは調べていません。

 ちなみに腰痛診療ガイドラインは、日本整形外科学会と日本腰痛学会が監修したもので、日本語で読める文献の中では最も信頼できる資料です。

 腰痛診療ガイドラインがGradeAで最も推奨している改善法に興味のある方は以下のリンク先を御一読ください。
↓↓↓
http://www.tnseitai.com/




※得られる結果には個人差があります


《 前 1  2  3  4  5  6  7  8 


ホームページ限定特典


「ホームページを見た」
とお伝えいただくと
下記特典が受けられます。

オファー全体za94- .png

今すぐお電話を!


当院は完全予約制です

事前にお電話で
ご予約ください

留守番電話に、お名前と
電話番号をお伝え下さい

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


ご予約の方法

ほとんどの時間、施術中のため電話に出る事ができません。
そのため留守番電話に設定していますので、「お名前」と「電話番号」を残しておいてください。
こちらより折り返し連絡させて頂きます。


お電話いただきますと録音メッセージが流れます。
録音メッセージでは、

電話アイコン

はい。TN整体院です。
ご予約・お問い合わせの方はお名前と電話番号をお願いします。
こちらより折り返し連絡致します。

と録音メッセージが流れます。

矢印アイコン

電話アイコン

お名前・ご連絡先をメッセージに残しておいてください。

矢印アイコン

電話アイコン

当日または次の日にメッセージを頂いた連絡先へ当院よりご連絡させて頂きます。

そこで予約の日程を決めていきます。
その際に、あなたの疑問に感じている事や不安に思う事がありましたら遠慮なくお伝えください。

電話でのお問合せ

 【住 所】 〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町3-4-303
 【電話番号】 072-968-7559
 【営業時間】 8:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)荒本駅から徒歩3分
 【駐車場】 最寄りのコインパーキングをご利用ください

PageTop



東大阪市 「TN整体院」
  • 住所:〒577-0022
    大阪府東大阪市荒本新町3-4-303
  • 電話:072-968-7559