大阪 椎間板ヘルニア の治療:腰部椎間板ヘルニア[東大阪市] - 東大阪市「TN整体院」

Tel:072-968-7559

HOME > スタッフブログ > 大阪 椎間板ヘルニア の治療:腰部椎間板ヘルニア[東大阪市]

大阪 椎間板ヘルニア の治療:腰部椎間板ヘルニア[東大阪市]

 椎間板ヘルニアとは、椎間板の中身である髄核というゼリー状の物質が周囲の丈夫な繊維輪という軟骨を突き破ってしまった状態です。

画像03.gif

 飛び出た髄核が、後方の靭帯に触れたり靭帯を突き破る事で腰の痛みを感じとともに、その後方の神経根という部分を圧迫する事で、腰痛や足腰の痛み(坐骨神経痛)を引き起こします。

 MRIを撮る事で、直接椎間板ヘルニアを視認する事ができますが、難しいのは、特に腰の痛みや坐骨神経痛が出ていなくても、成人の7割で椎間板ヘルニアが確認されるという事です。

 病院で椎間板ヘルニアの診断を受けたからといって、そのヘルニアが直接に腰痛や足腰の痛み・痺れを引き起こしているとは限らないのです。

 椎間板ヘルニアの診断名がついていても、他の原因で足腰の痛みが出ている可能性を排除する事ができないという事になります。椎間板ヘルニアやその他の腰痛や坐骨神経痛の原因を探る為の鑑別テストを行いながら、原因を特定する必要があるという事です。

 病院では一般にレントゲン写真とMRIによる画像診断で疾患名を付けるため、実際に痛みを引き起こしている問題点とは無関係に、画像の特徴から「椎間板ヘルニア」または「脊柱管狭窄症」の診断名が付けられる事が非常に多いのが現状です。

 よく「腰の手術をしても治らなかった」と聞きますが、それは実際の痛みの原因ではない所を切り取っただけだからです。また、椎間板ヘルニアは手術をして一度治った場合でも再発しやすいという特徴があります。

 足腰の痛みの原因を特定するためには、実は諸々の理学的検査(フィジカルテスト)という方法があり、整形外科領域では教科書にも載っている程度の事なのですが、医療の現場では、こういう手間のかかる事はあまり行われていないのが現状です。

 本来、椎間板ヘルニアの症状は自然に回復するものなのですが、ヘルニアを悪化させる力学的な負荷がかかり続けると、何か月も、人によっては何年も治らずに腰痛や足腰の痛み・痺れ(坐骨神経痛)の原因となります。放置すると椎間板が潰れて薄くなってしまい、背骨の骨と骨の間が狭くなってしまいます。これはそれほど珍しくはありません。

 椎間板ヘルニアであったり、椎間板が薄くなり骨と骨の隙間が狭くなっていても、椎間板にかかる力学的負荷を軽減する事により腰痛や坐骨神経痛は改善・消失します。

 この「力学的負荷」を改善させる為には、腹筋や背筋の働き方や身体の柔軟性が密接にかかわります。

 ただし、間違っても我流で「腹筋」や「背筋」の筋トレをしたり、腰や下半身のストレッチを行ってはいけません。特に男性に多いのですが、間違った方法でケアして逆に悪化させているような人が非常に多いのです。

 特に発症から何か月も経過している場合は、椎間板ヘルニア以外の原因が合併して腰痛や坐骨神経痛が出現している事が多いため、鑑別が重要になります。状態に応じた適切な処置を行えば病態は改善します。

東大阪市内や大阪府内の方であれば、一度ご相談ください。

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/herunia.php

椎間板ヘルニアの鑑別テスト

簡単な鑑別テストを紹介します。

SLRテスト

SLR_TEST.jpg

最も基本的な椎間板ヘルニアのフィジカルテストです。
 
 図のように、痛みが出ている方の脚を持ち上げると痛みや痺れが強くなると椎間板ヘルニア由来の痛み・痺れであるという事を意味します。
 高齢者の場合は椎間板ヘルニアがあっても痛みや痺れが出ない場合があるので注意が必要です。


腰の曲げ伸ばし

狭窄ブログ無題.png

手順1:腰を曲げます
手順2:腰を反らします

 椎間板ヘルニアの典型例では腰を曲げると痛みが強くなり、反らしても痛みが強くはなりません。
 ただし、椎間板の周囲の組織が損傷しているような場合などでは反らしても痛みが強くなる事がよくあります。
 反対に、曲げても痛みがさほど強くならない場合は椎間板ヘルニアとは他の疾患から痛みや痺れがきている可能性を示唆します。


足腰の筋肉の柔軟性のテスト


狭窄ブログ008=016.png

写真のように脚を組みます。

 腰まわりの筋肉が柔らかければ写真左側のようにスネが床面に対して水平に近い角度となります。
 筋肉が硬ければ写真右側のようにスネの角度が斜めになります。

 もし痛い側の脚が倒れず斜めになっている場合、これは梨状筋という筋肉が硬くなっている事を意味します。
 梨状筋が硬くなると、筋肉がお尻の付近で坐骨神経を圧迫してしまい、椎間板ヘルニアとは無関係に痛みや痺れを引き起こすため注意が必要です。

 椎間板ヘルニアにこの梨状筋症候群が併発している事はよくある事です。また、MRIで椎間板ヘルニアが確認されても実は痛みの大部分はこの梨状筋症候群に由来しているという事もよくある事です。
 そのような場合、手術で椎間板ヘルニアを切り取っても症状は治まりません。手術をしても痛みが治まらなかったりスッキリしない場合は、この梨状筋症候群の影響を考えなければなりませんが見落とされがちです。


梨状筋症候群について

ヘルニアブログ2.jpg

 椎間板ヘルニアと同じように腰痛と坐骨神経痛を引き起こす疾患です。図のように、梨状筋という筋肉の下から坐骨神経が出てくるため、上にある梨状筋が硬くなると神経を圧迫して痛みや痺れが引き起こされます。

 椎間板ヘルニアに合併している事が多くあります。しかし、梨状筋症候群が単独で痛みを引き起こしている場合も多々あります。
 MRIの画像で椎間板ヘルニアが確認されても、無症候性の椎間板ヘルニア(痛くないヘルニア)も多く存在するため、椎間板ヘルニアが写っていても痛みの原因が梨状筋症候群単独である可能性も考えなければならないのです。


梨状筋症候群との鑑別

以下の特徴を比較してみてください。

椎間板ヘルニアの典型的な症状は以下の通りです。

・立っているより座っているほうが辛い
・腰を曲げると痛い
・立ち上がる時や座り込む時に痛い
・じっとしているより歩いているほうがマシ

梨状筋症候群の典型的な症状は以下の通りです

・立っていても座っていても、長時間同じ姿勢だと辛い
・痛い側の足に体重をかけると痛い
・歩いたり階段の上り下りが辛い
・寝返りをするのも痛い
・痛い側の下にして寝ると辛い

 
 どうでしょう? これらの症状が両方とも当てはまる人もいれば、どちらかだけが当てはまるという人もいると思います。
 椎間板ヘルニアと梨状筋症候群は合併しやすいので、2つとも両方の症状が当てはまる人の方が多いかもしれません。


 椎間板ヘルニア診療ガイドラインによれば、椎間板ヘルニアの手術での改善率は術式間の差はなく約70%と記載されています。※レーザー手術に関しては「隣接組織への副作用、合併症が多く-推奨すべき術式とは言えない」との記述があります。

 70%の改善率を高いと捉えるか低いと捉えるかは個人差のある所だと考えます。

 ただし、この70%は治った率ではなく術前より改善した率であるという事には注意を払う必要があります。
 梨状筋症候群と椎間板ヘルニアが併発している状態で、椎間板ヘルニア由来の症状のみ改善されているという事を意味するものです。


絶対にやめて欲しい事

 椎間板ヘルニアは腰のケガです。腰を曲げると傷口が開くため、もし以下のような運動を行っている人は絶対にやめてください。

1:前屈ストレッチ
2:身体を丸めるストレッチ
2:腹筋運動

ヘルニアぶろぐ.png


 上記のような運動を行うと強制的に力を入れて腰を曲げる事になるため悪化します。恐ろしい事ですが、早く自分で治そうとしてこの様な事を行っている人が意外に多くおられます。

 当院に来られる方の中にも自己流で運動してかえって悪化してしまったり、接骨院などで余計に悪化させてしまってから来院される方が多くおられます。

 東大阪市内や大阪府内など、通院可能な範囲にお住まいの方は一度ご相談ください。

椎間板ヘルニアを本気で改善したい人はこちら
http://www.tnseitai.com/herunia.php

※得られる結果には個人差があります



ホームページ限定特典


「ホームページを見た」
とお伝えいただくと
下記特典が受けられます。

オファー全体za94- .png

今すぐお電話を!


当院は完全予約制です

事前にお電話で
ご予約ください

留守番電話に、お名前と
電話番号をお伝え下さい

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


ご予約の方法

ほとんどの時間、施術中のため電話に出る事ができません。
そのため留守番電話に設定していますので、「お名前」と「電話番号」を残しておいてください。
こちらより折り返し連絡させて頂きます。


お電話いただきますと録音メッセージが流れます。
録音メッセージでは、

電話アイコン

はい。TN整体院です。
ご予約・お問い合わせの方はお名前と電話番号をお願いします。
こちらより折り返し連絡致します。

と録音メッセージが流れます。

矢印アイコン

電話アイコン

お名前・ご連絡先をメッセージに残しておいてください。

矢印アイコン

電話アイコン

当日または次の日にメッセージを頂いた連絡先へ当院よりご連絡させて頂きます。

そこで予約の日程を決めていきます。
その際に、あなたの疑問に感じている事や不安に思う事がありましたら遠慮なくお伝えください。

電話でのお問合せ

 【住 所】 〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町3-4-303
 【電話番号】 072-968-7559
 【営業時間】 8:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)荒本駅から徒歩3分
 【駐車場】 最寄りのコインパーキングをご利用ください

PageTop



東大阪市 「TN整体院」
  • 住所:〒577-0022
    大阪府東大阪市荒本新町3-4-303
  • 電話:072-968-7559