脊柱管狭窄症の名医?大阪で手術せず腰部脊柱管狭窄症治療 - 東大阪市「TN整体院」

Tel:072-968-7559

HOME > スタッフブログ > 脊柱管狭窄症の名医?大阪で手術せず腰部脊柱管狭窄症治療

脊柱管狭窄症の名医?大阪で手術せず腰部脊柱管狭窄症治療

腰部脊柱管狭窄症の特徴


痛み.jpg

 歩いたり立っていると、上の図のような場所に痛みや痺れが現れるのが腰部脊柱管狭窄症の特徴です。


以下は腰部脊柱管狭窄症の特徴です。


・歩くと痛くなるが、座ったり腰を曲げて少し休めばすぐ治まる
・立っていると痛み痺れがあるが、座っていればなんともない
・休まず続けて歩ける距離が短くなり、徐々に歩けなくなっていく
・腰を曲げても痛くないが反らすと辛い。そのため腰が変形し曲がっていく
・50代以降で発症し、進行していく


クリック.png

電話番号.gif


当院で改善された方の喜びの声です

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 60代女性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄写真1.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 1年前に脊柱管狭窄症と診断されていました。歩くと左のお尻のあたりからフクラハギまで痛みが強くなるため長時間歩く事ができませんでした。立っているだけでも辛いので台所仕事をするのにも辛く、腰を反らすと痛いので洗濯物を干すのも辛いような状況でした。手術はしたくなかったので、インターネットで調べてこちらの整体院に来ました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 週に1回の施術と先生から指導された運動を行っているうちに徐々に長時間歩いても痛みを感じなくなるようになっていきました。以前は買い物に行ってもカートを押しながらでないと歩くのが辛かったのが、普通に歩けるようになりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症で手術をしたくない人にお勧めです。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 60代男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄症写真2.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 右側の足腰が痛くて歩いて数分の駐車場まで歩くのも大変でした。痛み止めの飲み薬と座薬を毎日使用していました。知り合いが腰の手術をしても全く改善しなかったので、手術以外で治す方法を探しているうちにこちらの事を知りました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 当初、休まず続けて歩ける距離が100メートル程度だったのが、400メートル、1kmと徐々に伸びていき、今では2km歩いても大して痛くありません。このまま歩けなくなって仕事もできなくなるのではないかと不安に思っておりましたので、救われた気持ちです。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症の人。まだ仕事をやめられない人。手術で何週間も入院できない人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 60代男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄shuusei.jpg
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 歩くと左側のお尻から太ももの外側にかけて痛みと痺れがあり、整形外科で脊柱管狭窄症と診断されました。進行する前に早く手術をしておくべきだと思い手術を受けて背骨の一部を切り取る手術を受けたのに痛みが全く改善されませんでした。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 手術後はむしろ痛みが強くなったようにも感じられていたのですが、こちらで施術を受けたり運動方法の指導を受けているうちに痛みや痺れが出なくなりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症の人は、進行する前にこちらで改善される事をお勧めします。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

クリック2.png
電話番号.gif

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 71歳男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄症4.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 元々歩くと左足に痺れが出ていたのですが、急に左の腰が痛くなり寝ていても痛むので病院へ行きMRIを撮ったら脊柱管狭窄症だといわれました。座っているのが一番マシだったのでソファに座って寝ているような状態でした。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 非常に痛みが強かったので4日続けて施術をしてもらったら強い痛みはなくなり普通に寝られるようになりました。その後は週に1回施術をしてもらい、歩く時の痺れも治してもらいました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 強い痛みが出る前に、こちらで治してもらう事をお勧めします。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(坐骨神経痛)

大阪府 60代男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

きょうさく.png
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 右側のお尻から太ももの外側に強い痛みがあり、寝返りをするのにも痛いような状態でした。病院で脊柱管狭窄症と言われて薬を飲んでも全然治らないので困っていました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 初回の時にこちらで検査を受けて、この痛みの原因が脊柱管狭窄症ではないと言われて驚きました。週に1回、坐骨神経痛の施術を受けているうちに痛みがなくなりました。治って良かったです。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 病院で脊柱管狭窄症と言われた人は一度こちらでみてもらう事をお勧めします。私のように病院でMRIを撮って脊柱管狭窄症が確認されても痛みの原因が他にある場合も多いそうです。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 52歳男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄症5.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 トラックの運転をしていて若い頃から椎間板ヘルニアで腰痛がありました。最近は歩くと足まで痛くなってきたので久しぶりに病院で検査をうけたら脊柱管狭窄症になっていると言われました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 歩いたり立って作業をしていると太ももからフクラハギまで痛くなっていたのですが、それがなくなりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 椎間板ヘルニアの人。脊柱管狭窄症の人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

クリック2.png
電話番号.gif

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 60代男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

追加1.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 歩くと左右両方の腰からフクラハギと足の裏まで強い痺れがあり、歩くと痺れが強くなり長く続けて歩く事ができませんでした。立ったり歩いたりしなくても常に軽い痺れはあり、両足の裏側に何かが貼りついている様な違和感が常にありました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 腰を曲げて休みながらでしか歩く事ができなかったのが、徐々に休まず歩ける距離が増えていきました。今では余程の長距離を歩かないと痺れは感じません。足の裏の違和感もいつの間にかなくなっていました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症の人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 50代男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

追加2.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 右側の坐骨のあたりに強い痛みがありました。痛くてまともに歩けないし、寝る時も痛くて上や右を向いて寝られないような状態でした。整形外科で出された薬では全く良くなりませんでした。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 症状が強かったので二日おきに施術を受けましたが、7日ほどで寝る時の痛みはなくなりました。その後は週に1回の施術を受ける事で歩く時の痛みも出なくなりました。手術せずに済んで本当に良かったです。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症の人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 50代女性 脊柱管狭窄症・名医・治療

追加3.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 歩くと右の腰から太ももにかけて痛みが出ていました。他にも台所でずっと立っていると痛みが出て来て困っていました。MRIで検査して脊柱管狭窄症の診断を受けていました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 長時間立っているのが一番辛かったのですが、普通に台所仕事をしているくらいで痛みを感じる事はなくなりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症の人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)


 脊柱管狭窄症(腰部脊柱管狭窄症)とは、背骨が変形したり骨がずれたりして神経に触れる事で、腰痛や足腰の痛み(坐骨神経痛)が起こる病態です。

断面4.jpg

 一番の特徴は、歩くと痛みや痺れが増悪し、少し休むとすぐ回復するという点です。これを「間欠性跛行」と言います。

 病状が進行すると、立っているだけでも腰痛や坐骨神経痛が出現したり、常に痛みや痺れを足腰に感じるようになり、最終的には尿意や便意を自分でコントロール出来なくなります。

 腰部脊柱管狭窄症で手術を行う場合、背骨を切り取る「切除術」か、さらに背骨に金属のネジを差し込んでワイヤー固定する「固定術」という方法がとられるのが一般的です。


fig2.gif


 上の動画は固定術の手術方法です。椎間板の変形によって脊柱管の中で神経が圧迫された状態になった人への手術方法です。脊柱管狭窄症の手術は骨を切り取るだめ比較的大掛かりな手術となります。

 腰の手術の中でも特に腰部脊柱管狭窄症の手術は、痛みや痺れといった症状が改善されないケースが多いのがその特徴です。これは医師の技術の問題ではないためどんな名医が手術を行っても同じです。
 そのため医師側も痛みが強くても患者が多少歩ける内はあまり積極的に手術を勧めない事が多いようです(一部の医師を除く)

 患者側から手術を希望されると断る事はできないため、そういう場合はまだかなり歩ける時点でも手術が行われる事もありますが痛みや痺れの改善という点ではあまり良い成績ではありません。

 多くの場合、自室からトイレまで歩ける間は、手術はあまり医師の側からは勧められません。

 多少でも歩けているうちに手術をして、手術後に歩けなくなったりすると責任問題を問われて面倒な事にもなりかねません。そのような事態を医師側も嫌うためです。

 ほとんど歩けない状態まで症状が進めば、手術を行って痛みが改善されなくても「さらに進行して排尿・排便の障害を出さないために手術をした」と主張する事ができます。

 脊柱管狭窄症が進行すると、尿意や便意をコントロールできなくなり排尿や排便が障害されます。尿意がないために垂れ流しになるのでオムツを着用したり、排尿ができなくなるために腹部に穴をあけて膀胱にカテーテルを挿入してビニールのバッグに尿を排出する事となります。

 手術後に痛みや痺れが良くならなくても、この排尿排便障害を避ける為の手術だと言われると正論でもあります。

 しかし、本当に大切なのは痛みや痺れが主症状のうちに、手術に至るほど悪化させずに脊柱管狭窄症を改善させる事なのではないでしょうか?


ブログ用.png


 そもそも脊柱の骨の変形自体は、腰痛や足腰の痛み(坐骨神経痛)が出ていない人でもある程度の年齢(50代以降)になると等しく見られる現象です。

 50代以降の人が足腰の痛みや痺れで病院に行くと、MRIを撮られて背骨の変形が確認され、脊柱管狭窄症と診断されます。

 でも、痛みや痺れのない人でもMRIを撮ってみると同様の背骨の変形はみられるのです。


 和歌山大学が行った大規模臨床研究によると、平均年齢66歳のグループでMRIを撮った所、76.5%の人に脊柱管狭窄症が確認されたといいます。でも、実際にはそのうちの約9割は痛みも痺れも感じていないというのです。
 
狭窄症研究.jpg

 背骨の変形があるのに痛みや痺れが出ない人と、痛みが強い人の違いは、筋肉の状態の違いにあります。筋肉の状態の違いが、骨が神経に食い込む負荷に強く影響しているためです。

 そのため脊柱管狭窄症という病名をつけられ腰痛や坐骨神経痛が出現しているような病態は、多くの場合背骨や股関節の角度や、その周囲にかかっている力学的負荷を調整することで改善していきます。

 ただし、間違っても例えば自己流で腹筋や背筋を鍛えるような事をしたり、足腰のストレッチをしたりしてはいけません。こういう事を行うと、多くの場合症状を悪化させます。

 身体の状態に合った適切な調整を行う事で、脊柱管狭窄症の腰痛や坐骨神経痛は改善されます。
クリック2.png

電話番号.gif

 特に60代以降の人には真剣に考えて頂きたいのですが、現代の日本人は平均して60代で足腰が痛くなり、70代で歩けなくなって80代で亡くなります。これは自然な老化現象の推移なのです。

 厚生労働省の発表では、平均して男性は71歳、女性は74歳で自立した生活が困難になります(健康寿命)

 あくまでも平均なので、80代でも90代でも元気に歩ける人はたくさんいます。しかし同様に60代で歩けなくなり70代で亡くなっている人もたくさんいるという事を意味してもいるのです。

 実際に、そういう施設に行くと60代で歩けない方は本当にたくさんおられ、全く珍しくありません。

 日本人の健康寿命は平均すれば70代前半ですが、個人差が大きいため10年程度前後しても、それは誤差の範囲内です。
 
 腰部脊柱管狭窄症は老化現象なので放置すれば悪化していくのが自然なのです。

健康寿命.png


歌丸.jpg


 腰部脊柱管狭窄症の一番の問題は、「歩くと痛い」という事なので、続けて歩ける時間を延長する事が最も重要です。

 休まず続けて痛みなく歩ける時間が1時間を越えれば、現代人の生活スタイルではまず痛みが辛いとか、生活に支障をきたすという事はなくなります。

 当院では腰部脊柱管狭窄症をそのような形にもっていく事で改善を図ります。

 当然2時間ぶっ通しで歩いたりすれば痛みは出るかもしれませんが、むしろ60代以降の人の場合は、足腰が悪いと思っていない人でもそれくらい歩くと痛みが出てくるという方の方が大半です。

 理由は簡単で、腰部脊柱管狭窄症の診断がついていない健康な人でも、背骨の変形は年齢相応にある程度進んでいるためです。筋肉が疲労して硬くなれば背骨に神経が触れて痛みが出るのです。

 当院では、歩ける期間を10年から20年ほど延長する事を目標としています。間違っても医師から手術を勧められるレベルまで悪化させてはなりません。


 自由に歩けなくなって一番困る事は、旅行に行けなくなる事でも買い物に行けなくなる事でもありません。トイレに行けなくなってオムツに尿や便を排泄しなければならなくなる事です。


 一度想像してみてください。

自分がオムツの中に尿や便をして2時間オムツを交換してもらえない状況を。

 
 私は病院勤務時代に、オムツに排泄をするのが嫌で無理に自分でトイレまで歩いて行こうとして転んで骨折し、より状態を悪化させてベッドの上から全く動けなくなってしまった人をたくさん見てきました。

 脊柱管狭窄症は歩けなくなる疾患の代表各です。歩けなくなる前に、医師から手術を勧められるほど悪化する前に、一度お身体の様子を私にみせて頂けませんか? 

もし東大阪市内・大阪府内など通院可能な範囲の方は、一度ご相談頂ければと思います。


クリック2.png

電話番号.gif

腰部脊柱管狭窄症の方の簡単な状態検査の方法

1:連続歩行距離の測定

 腰部脊柱管狭窄症の一番の問題点は、歩くと足腰が痛む・痺れるといった点にあります。悪化していくと全く歩く事ができなくなるのですが、自分の身体の現状を正しく把握する事が大切です。

 腰部脊柱管狭窄症の状態を把握するために、「連続歩行距離」を日々計測しましょう。

 途中で腰を曲げたり座ったりする事なく、どのくらい歩く事ができるのかを、距離(何メートル)や時間で計測します。

 その日の状態によって可能な連続歩行距離は多少の変動が出ますので、日々計測してその平均値を比較します。

 1週間や1か月など、ある程度の期間の平均値を比較して、この連続歩行距離が短くなっているようであれば、確実に脊柱管狭窄症が進行している事を意味します。


2:立位バランス機能の測定

手順1
 写真のように継ぎ足の姿勢で目を閉じて20秒まっすぐ立ちます。
手順2
 左右の足を入れ替えて、同様に20秒まっすぐ立ちます。

狭窄ブログ002.png


 もし、まっすぐ立っている事が難しいようであれば、足腰が衰えている事を意味します。難しければ同じ検査を目を開けて行ってみてください。各段に難易度は下がります。

 目を開けて行っても20秒バランスが保てないようであれば、相当に足腰が衰えている事を意味します。


3:左右の筋肉の柔軟性の比較

狭窄ブログ008=016.png

写真のように脚を組んでみてください。

 足腰の筋肉が柔らかければ、写真左側のように組んだ足のスネが床面と水平に近い角度になります。

 反対に、筋肉が硬ければ写真右側のようにスネの膝が倒れずスネが斜めになります。

 この筋肉が硬いと腰に負担をかける原因となります。

 もし、左右のスネの角度が違う場合は左右の硬さが不均等であるため、左右の足腰のいずれか一方に負担が強くかかっている事を意味します。

4:身体の曲げ伸ばしのテスト

手順1:写真の様に腰を曲げます

手順2:写真のように腰を反らします。

狭窄ブログ無題.png

 腰部脊柱管狭窄症の典型例では、腰を曲げても痛くないが腰を反らすと痛みが出ます。

 腰を反らして痛む場合はすでにある程度脊柱管狭窄症が進行している事を意味します。さらに進行すると身体をまっすぐ伸ばす事ができなくなるため上向きで寝る事ができなくなります。

 また、腰を曲げても痛みが出る場合は他の疾患を合併している可能性があるため精査が必要です。

 ここで紹介したのは簡単な脊柱管狭窄症の方の検査方法ですが、上記のテストで問題があったからといって自己流でやみくもにトレーニングなどは行わないようにしてください。

 正しい方法でアプローチを行わないと、良くなるどころか悪化する事も珍しくありません。

 当院に来られる人の中には、自己流で無理な事をしたり、接骨院などに行ってかえって症状を悪化させて来られるような人も多くおられます。


もし東大阪市内・大阪府内など通院可能な範囲の方は、一度ご相談頂ければと思います。

クリック.png

電話番号.gif

当院で改善された方の喜びの声です

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 70代女性 脊柱管狭窄症・名医・治療

患者02 (2).jpg
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 右側のお尻のあたりから足の裏まで痛みと痺れがありました。座っていたら何ともないのに歩くと痛みと痺れが強く出て、歩くときは腰が曲がってしまってお婆さんのような歩き方になっていました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 腰を伸ばして普通に歩けるようになりました。以前は続けて5分も歩くと痛くて辛かったのが、休まず30分歩いても辛くなくなりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症で歩くのが辛い人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 70代女性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄z8.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 右側の腰の横から太ももの裏側、ふくらはぎから足の指まで痛みと痺れが出ていました。整形外科でもらった薬は全く効果がなく、歩くと痛いのであまり外出しなくなっていました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 施術を受け続けるに従い、徐々に歩いても痛みが出なくなりました。歩く以外にも、以前は高い所の物をとろうと身体を伸ばした時に痛みが強く出る事もあったのですが、それもなくなりました。調子が良くなったので韓国まで旅行にも行けました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症で外出が辛い人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 50代男性 脊柱管狭窄症・名医・治療

狭窄z6.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 歩いたり立ち仕事をしていると左の腰から足まで痛くて、痛み止めの薬をずっと飲んでいました。薬のせいで胃を悪くしてしまい仕方なく毎日座薬を入れていました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 週に1回施術を受けて先生に言われた通り腰の運動を繰り返していたら、6週間で痛みがほぼなくなりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 病院で脊柱管狭窄症といわれた人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

腰部脊柱管狭窄症(歩く時の痛み・しびれ)

大阪府 70代女性 脊柱管狭窄症・名医・治療

DSCN4208.JPG
当院に来院する前、どの様な症状に悩んでいましたか?

 両足が常に痺れていて、足の裏にラップか布が常に貼りついているような異常な感覚が常にありました。歩くと痛くて腰を曲げないと歩けないので自転車でいつも移動していました。


当院で施術を受けて、その症状はどの様に変化しましたか?

 歩いても痛くなくなり普通に歩けるようになりました。以前は続けて5分歩くのも辛かったのですが今では1時間くらい続けて歩いても大丈夫です。痺れや足の裏の違和感も当初と比べマシになりました。


どの様な方に、当院はお勧めですか?

 脊柱管狭窄症の人。


※ お客様の声は、あくまで体験談であり、効果には
個人差があります(脊柱管狭窄症ほか)

実績.png

books 3.jpg
※ アマゾンランキング「こり・痛み」部門1位は2011年10月時点

てれび2.jpg

zz長岡式.png

メディア実績.png


渡辺先生4.png
福谷zz先生.gif
高木8.gif

クリック2.png

電話番号.gif

「TN整体院」の地図

詳細な住所はこちらのようになっております。

〒577-0022
大阪府東大阪市荒本新町3-4-303

近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)荒本駅から徒歩3分

地図ab.png

メニュー料金

料金.gif

※得られる結果には個人差があります



ホームページ限定特典


「ホームページを見た」
とお伝えいただくと
下記特典が受けられます。

オファー全体zab05- .png

今すぐお電話を!


当院は完全予約制です

事前にお電話で
ご予約ください

留守番電話に、お名前と
電話番号をお伝え下さい

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ


ご予約の方法

ほとんどの時間、施術中のため電話に出る事ができません。
そのため留守番電話に設定していますので、「お名前」と「電話番号」を残しておいてください。
こちらより折り返し連絡させて頂きます。


お電話いただきますと録音メッセージが流れます。
録音メッセージでは、

電話アイコン

はい。TN整体院です。
ご予約・お問い合わせの方はお名前と電話番号をお願いします。
こちらより折り返し連絡致します。

と録音メッセージが流れます。

矢印アイコン

電話アイコン

お名前・ご連絡先をメッセージに残しておいてください。

矢印アイコン

電話アイコン

当日または次の日にメッセージを頂いた連絡先へ当院よりご連絡させて頂きます。

そこで予約の日程を決めていきます。
その際に、あなたの疑問に感じている事や不安に思う事がありましたら遠慮なくお伝えください。

電話でのお問合せ

ライン予約できます.png
LINE特典

 【住 所】 〒577-0022 大阪府東大阪市荒本新町3-4-303
 【電話番号】 072-968-7559
 【営業時間】 8:00~20:00
 【定休日】 不定休
 【最寄駅】 近鉄けいはんな線(地下鉄中央線)荒本駅から徒歩3分
 【駐車場】 最寄りのコインパーキングをご利用ください
カテゴリ内の次の記事



PageTop



東大阪市 「TN整体院」
  • 住所:〒577-0022
    大阪府東大阪市荒本新町3-4-303
  • 電話:072-968-7559